若々しく見られて満悦な、姉の話

この間、一人暮しを始める甥っこういうわが家に、姉が片づけに行きました。その日、姉は流感がちで、著しいマスクをしていたとのことです。近くのコンビニで買物をして、なんとなくそこにメリットカードがあることに気づきました。姉はどっちみち長男もそこを利用することになるだろうと思い、人員に「メリットカード新しく作れますか?」ときくと「可」です、との答えがありました。紙に肝を記入し、人名欄で、長男が利用するのだから、自分ではなくて長男の名にしようと思った姉。
「学徒の長男が近くに済むので、長男の名でいいですか?」とたずねると、人員は、きょとん。そうしたら眼を丸くして、「そんな大きな長男さんがいるんですか、恋人って言っても最適くらいですよ!」と言ってくれたのだとか。ひそかに、姉は、大幸せ!身にお家芸気に話をしてくれました。マスクして眼だけが見えていたので、若々しく見えたんじゃないの~?なんて、やっかみですかね。(笑)。マイナチュレを使い始めました